企業向けコーチング

ビジネスパーソンへのコーチング

現在、コーチングは社内研修プログラムの一環として、また、企業戦略などの実践を社内で徹底させるための具体的手段として数多くの企業が導入し活用しています。

コーチングはいかなる時に誰にでも機能するものではありません。
たとえば、緊急で重要な判断を下さなければならない時や、ビジネスの経験が浅く、トレーニングが必要なビジネスパーソンなどがそれにあたります。

では、どのようなビジネスシーンの、どのようなビジネスパーソンにコーチングは有効なのでしょうか。

それは、緊急を要さない重要な案件や事柄の場合や、ある程度の仕事の経験と能力があるビジネスパーソン、つまり、エグゼクティブやマネージャーに有効です。

 

コーチングが機能している組織とは

コーチングとは会話によって、目標達成に必要なスキルや知識を相手に考え備えさせ、その目標達成に向かって行動を前進させていくプロセスです。
コーチは会話を通して、相手の知識や経験、才能や可能性を最大限に引き出し、気づかせ、使えるようにします。

「指示・命令」ではなく、会話をつくりだすことによって、相手が考え、気づき、自発的な行動を促す。コーチングが機能している組織やチームには、コーチングスキルを使っているエグゼクティブやマネージャーが必ずいます。

組織やチームのマネジメントは、内側からビジネスパーソンの自発性、自律性に力点を置き、目標達成を期待します。チームマネジメントとは、リーダーシップによってビジネスパーソンを育てるアプローチで、リーダーシップはエグゼクティブやマネージャーだけのものでもありません。

リーダーシップとは、チームの一人ひとりが発揮することのできるものであり、チーム全員がリーダーシップを発揮する状態こそが、組織やチームが機能する理想の状態です。

私たちドリームフィールドが目指す理想の状態は、フローな組織、フロー経営です。
コーチングの視点から、ビジネスパーソン一人ひとりの力を最大限に引き出し、組織やチームの理想の状態をつくりだす支援を提供し続けます。

コーチング導入の目的

ビジネスシーンにコーチングを導入する目的として、下記のようなものがあります。

・ 社員のモチベーションアップ
・ 新人社員研修
・ 管理職のコミュニケーションスキルアップ
・ マネージャーのマネジメント力の向上
・ 社内におけるコミュニケーションの活性化
・ 営業マンの営業力向上
・ 目標達成のスキル
・ 社風改革
・ 社内コーチ
など

  • 知識・・・知っていることがら 物事についてのはっきりとした知識
  • 技術・・・理論を実際に応用すること ものを取扱う手段やしかた
  • 手段・・・目的をとげるために用いる方法、てだて 何かをするために役立つもの
  • 方法・・・その通りにすればうまくいくやりかた、しかた
  • 目的・・・めあて めざすところ
お問い合わせ