ドリフの研修一覧

すまいる学習会/学びの向上心!

こどもたちにもコーチをつける

小学生ドリームフィールドでは、スポーツ選手やビジネスパーソンにコーチが付いているように、こどもたちにコーチを付けることをお勧めしています。

コーチを付けることで、こどもたちがコーチとの対話を通して、自分自身の考えに触れて、整理をすることで、自分自身で課題や問題を見つけたり、目標をつくったり、今まで気づかなかったことに気づいたりと、さまざまな変化が起こり始めます。

コーチは、その変化を行動に変えて、こどもと共に成果をつくりだすことを役割としています。

 

小学生コーチングは、コーチとの対話を通して課題や問題といった目標や、それを解決、達成するための能力や才能を、こどもとコーチが共に見つけていくこと。そして、見つけたものをこどもとコーチが共に行動に変えていくことです。

 


答えは自分自身の中にある

スマイル学習会では、こどもたちに新たな学習知識を教えることはありません。
学校で教えられていない範囲を予習せず、今までに教えられた範囲の中で学習活動を行います。
もちろん、こどもたちの自発的な行動の中に予習が含まれているのであれば、どんどんやってもらいます。

中学生スマイル学習会の特徴のひとつに、コーチがこどもたちに質問をします。
質問というと、こどもたちが先生などに分からないところを質問して答えを聞く、ということを想像しますが、スマイル学習会のコーチは答えを教えるということをしていません。
安易に答えを教えることは、「こどもたちの考える力を育てないとうことになる」と考えるからです。
コーチはアドバイスをしません。
なぜかというと、そのアドバイスの中に、こどもたちにとってたくさんの素敵な気づきが詰まっていると考えているからです。
その代わりにコーチはこどもたちに積極的に質問を投げかけます。
こどもたちは質問をされることで、考えるということを始めます。
「この問題はどうしてこうなるのか?」
「どうしてこの答えは違うのか?」
「この問題を解く方法はあるのか?」
時間がかかってもいいのです。なぜなら、考えている時間はこどもたちが成長している時間だからです。
そして自分の考えを整理して理解しようとすることが起こりはじめます。
考えていることを理解するために、こどもたちは自分自身の備えている学習知識や過去の出来事、自分の意識といったものに集中します。
答えを自分自身の中から探し、見つけ出すということを始めていきます。

コーチコーチは、「答えは自分自身の中にある」というスタンスを大切にしています。
スマイル学習会では、このこどもたちは「もうすでにできるこどもたち」「やれているこどもたち」「未来の可能性を無限に兼ね備えているこどもたち」というスタンスでこどもたちにかかわっています。

スマイル学習会は、こどもたちの「今・現在」にかかわり、「未来」を大切にしています。

 

すまいる学習会のコーチング学習プロセス

すまいる学習会のコーチング学習プロセス

コーチングコミュニケーションとは?

こどもの話しをよく聴き、こどもの存在を受取り、こどもが必要としている質問をする。
そのには、コーチとしての立ち位置、「在り方」が存在します。
在り方とは、コーチの持つ心の態度です。コーチの心の態度とは、こどもの未来を信じ、こどもを信頼すること。
こどもの存在を肯定的に承認すること。こどもに任せコーチが責任を取りにいくことです。

場所・時間・対象・料金

場 所 仙台市青葉区国分町3−11−9 アルファオフィスビル4F
コーチング研修会社ドリームフィールド内
対象・曜日
月曜日教室 小学4・5・6年生クラス 各学年定員5名
水曜日教室 中学1・2年生クラス 各学年定員5名
金曜日教室 中学3年生クラス 定員5名
時 間 18:00〜20:00
料 金 月4回 21,000円(税込)

すまいる学習会に来ることができない方へ

「すまいる学習会に来ることができない」仙台市内に住んでいる小中学生限定で、
コーチがご家庭に伺い、コーチング学習を行います。
料金は上記と変わりません(別途交通費がかかる場合がございます)。
詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ